施工管理職 本城|人を知る|グランドホームの新卒/中途採用情報サイト|地産地消の家づくり

PERSON
施工管理職 / 人を知る

家づくりにも、会社づくりにも、
現場の声が反映される。
それが嬉しい。

建設事業部 横浜支店 工事グループ 主任 / 2015年入社本城 正寛

人を知る

INTERVIEW03

プロフィールPROFILE

キャリアのスタートはビル・マンションなどRC工法の施工管理。その経験を活かして、家づくりに挑戦したいとハウスメーカーに転身。
木造建築の経験とスキルを磨いた後、会社全体でより良い家づくりに取り組む環境を求めて、2015年よりグランドホームに参加する。

人を知る
01

入社の決め手は、大家族主義と成長性

「図面があるんだから、その指示通りやればいいんだ」。
施工管理にとって、この言葉は半分正解であり、半分納得のいかないものだろう。不動産建築には、現場ではじめて分かる“課題”というものが必ずある。そして、その課題をいかに解決し、限られた土地と工期の中で、見栄えと使い勝手を両立した物件を完成できるか。それこそが施工管理の腕の見せ所だ。「それが、前職時代は上司の言葉が絶対という風土で。さらに個人主義的な面も強く、設計に意見を上げることすら叶いませんでした」。もっと社内での連携を重視している職場で、自分の腕と個性を発揮しながら、“いい家づくり”を行いたい。その想いは、施工数を重ねるほど強くなっていった。そんな本城と、営業・設計・施工の三位一体体制を理想とするグランドホームが出会ったのは、いわば必然だったのかもしれない。「 “大家族主義”を掲げる当社を、転職サイトで見つけたときには、それはもう強く惹かれました。それに未完成の会社というのもいい」。仕様が決まり切った現場よりも、自分の意見によって一段上の成功を目指せる現場が良い。そんな観点を持つ本城にとって、グランドホームの伸びしろと成長性も、転職を決意する大きなポイントとなったのだ。

人を知る
02

都心×狭小住宅には、現場の意見が不可欠

グランドホームの一員となった本城。
その仕事ぶりは、180度変わった。同僚は、自分より年下がほとんど。さらに部署の垣根を超えたほう・れん・そうが徹底されているため、周囲との密な連携もごく自然に行われているという。何より、一番の変化は扱う物件の特徴だ。本城が前職で手掛けていたのは、関東郊外/ある程度の広さ/2階建てが中心のいわゆる規格物件だ。それがグランドホームでは、9割以上が都心/狭小/3階建てになる。さらに、土地の形状や近隣環境が各物件で大きく異なるから、同じプランの物件は一つとして存在しない。「いい意味で、注文住宅と建売の中間のような感覚ですね」。さらに設計担当者は、住みやすい間取りを目指し創意工夫を重ねる。「ただ、スペースが限られていますから。設計図通りに進めても、梁や配管・配線の位置などの “収まり”を検討すべきポイントがどうしても生まれます。ただ、課題が出れば、設計担当に直に連絡して意見を出し合って柔軟に仕様変更ができる。このスピード感は当社ならではです」。同じ現場はない。制約も決して少なくない。けれどそれがいいのだと本城は微笑む。「狭小住宅は、施工管理の目や発見が重要になる。だからこそ今まで以上に成長できる手応えがありますよ」。

人を知る
03

活躍の舞台は、組織強化に広がっていく

前職時代は、40棟以上を担当していたという本城だが、今の担当案件は10棟前後。着工棟数が少なくなった一方で、一棟一棟に充てられる時間と手間暇は格段に増えたという。
「しかも今は担当物件が狭いエリアに集中していますからね。以前なら物件間の移動だけで1時間かかっていたのが、今は20~30分ほどに短縮されました」。おかげで、「部下の現場まで見て回る時間もできました」と笑う本城。管理職への昇格は当社が初めてだという。そう、入社1年目でも、活躍と仕事への姿勢を正当に評価するのがグランドホーム流なのだ。とはいえ、部下の育成はまだまだ手探り。「人として、施工のプロとして、どうやったら成長させてあげられるのか。上司にアドバイスを貰いながら頑張っています」。さらに本城の活躍の舞台は、部署全体の体制づくりにも及んでいる。「先ほどもお話しした“収まり”に関して、ある程度統一されたルール作りをしようと。そこで事例を集め、マニュアル作成に取り組んでいるんです」。このマニュアルが完成すれば、部署全体のレベルアップはもちろん、今まで以上に土地の仕入れや設計の段階から現場の問題を想定しやすくなることだろう。「お客さんに心から満足してほしいとか、他部署と一体感を持って会社を大きく育てていきたいとか。そんな真面目な意欲を持った人なら、ぜひ当社への応募を検討してほしいですね」。

他の社員のインタビューをみる